Blog&column
ブログ・コラム

就労支援施設の雰囲気が合わないと感じる理由をご紹介

query_builder 2022/05/03
コラム
46
就労支援に通っても、中には合わないと感じるケースもあるようです。
合わないと感じると、行きたくなくなってしまう可能性が高いですよね。
今回は、就労支援施設の雰囲気が合わないと感じる理由についてご紹介します。

▼方針が合わない
支援内容の方針が異なる場合、合わないと感じてしまいます。
例えば、パソコンスキルなどの専門的なスキルを身に着けたいのに、初歩的なビジネスマナー中心の就労支援を選んでしまったりするケースです。

▼支援員との相性が合わない
支援員にもさまざまなタイプの方がいらしゃいます。
お互い人間同士なので相性が合わないケースもあります。
方針が合っていたとしても、支援員との相性が合わなければ通うことが困難になる場合が多いです。

▼自身の障害を認識できていない
自身の障害が認識できていないことも合わないと感じる原因です。
障害の症状によって支援内容を決められることがほとんどであるため、障害を認識できていないと、何故その訓練を行うのか必要性が理解できなくなります。

▼ミスマッチを防ぐためには
ミスマッチを防ぐためには、まず自身がどんな障害を持っているかを知ることも大切です。
障害が仕事におよぼす影響や得意なこと、苦手なことを踏まえて、事業所を選びましょう。
事業所を選ぶ際は、何を目的とするかをハッキリさせ、見学をして支援員の雰囲気などをチェックするようにしてください。

▼まとめ
就労支援施設は、多種多様にあるので中には合わないと感じる場所もあります。
ミスマッチを防ぐためにも、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてくださいね。

また、当事業所は就労支援事業所です。
障害や重病を持っている方への職業訓練をおこなっているので、必要な場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • ブログを新しくはじめます!

    query_builder 2021/03/24
  • 就労支援施設の雰囲気が合わないと感じる理由をご紹介

    query_builder 2022/05/03
  • 障害者を個性と表現するのは正しいのか?

    query_builder 2022/04/01
  • 就労支援の見学をする際のポイントについてご紹介

    query_builder 2022/03/15
  • ニートが仕事を継続させるためのコツをご紹介

    query_builder 2022/03/01

CATEGORY

ARCHIVE