Blog&column
ブログ・コラム

ニートの定義と支援機関について

query_builder 2021/11/01
コラム
35
仕事にも就かず家にばかりいる人のことをよくニートと呼びますが、実際にニートの定義とはどのようなことなのでしょう。
また、ニートの方が社会復帰や職場復帰をしたい場合にはどのような支援があるのでしょうか。
ここでは、ニートと支援について見ていきます。

▼ニートとは?支援する機関は?
支援が必要な人たち、イギリス発祥の語源がニートの由来です。
支援を必要とする人、ニートの定義と支援について見ていきます。

■ニートの定義とは?
15歳から34歳までの失業者や無業者。
このうち、学生と主婦を外した求職活動を行っていない者を日本ではニートと位置付けています。
ニートになる原因はさまざま、学校や職場の問題だけでなく、病気や障害でなるケースもあります。

■支援機関
ニートの方を支援する機関で代表的なのがハローワークです。
履歴書の書き方の相談もでき、求人情報も知ることができます。

就労支援事業所の利用
障害が原因でニートになった場合、就労支援事業所を使用するのがよいと言えます。
現在の障害の程度にあわせた訓練カリキュラムを組み、社会復帰に向けてサポートを実施。
就職時における支援もしてくれますよ。

▼まとめ
さまざまな原因により誰もがニート、支援が必要な人となる可能性があります。
行政機関や就労支援事業所を利用することが、社会復帰のだめの一歩です。
一般社団法人あさつゆは、社会復帰を目指すための支援を行っています。
不安なことはどのようなことでも、お気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログを新しくはじめます!

    query_builder 2021/03/24
  • 就労支援の選び方について解説

    query_builder 2022/06/05
  • 就労支援施設の雰囲気が合わないと感じる理由をご紹介

    query_builder 2022/05/03
  • 障害者を個性と表現するのは正しいのか?

    query_builder 2022/04/01
  • 就労支援の見学をする際のポイントについてご紹介

    query_builder 2022/03/15

CATEGORY

ARCHIVE