Blog&column
ブログ・コラム

決定的な違いのあるニートとひきこもり!

query_builder 2021/10/15
コラム
34
ニートとひきこもりは同じでしょ、このように思われている方が大半ではないでしょうか。
確かにニートもひきこもりも、学校や仕事にいかず家の中で過ごしていますよね。
しかし実際には、この二つ決定的な違いがあるのです。
ここでは、ニートとひきこもりの違いについて見ていきます。

▼ニートとひきこもりの違い
ニートとひきこもりの二つには明らかに違うものです。

■ニートとは?
15歳から34歳の者で、学生と主婦を除いた働く意思がない人を指します。
イギリスが語源が由来となる、支援を必要とする人に該当。

■ひきこもりとは?
ほとんど家族以外の者と交流を持たず、6ヶ月以上自宅にひきこもっている人です。
家族以外の者と交流を持たないわけですから、当然学校や仕事には行ってませんよね。

■ニートとひきこもりの違いとは?
ニートとひきこもりの決定的な違いに、気がつかれたでしょうか。
そう、年齢と社会参加の点ですね。
年齢に関係のない狭い交流範囲、これが長期に渡るとひきこもりになるわけです。
一方ニートには15歳から34歳という年齢と働く意思がない人が定義されています。

▼まとめ
ニートとひきこもりには決定的な違いがありましたが、双方ともに何かのキッカケで働こうとなる場合もあります。
しかし、自分だけの力でだけ仕事に就くのは難しいかもしれません。
そのようなときの支援として、就労支援事業所があります。
一般社団法人あさつゆも就労支援事業所の一つ、社会復帰に向けたカリキュラムをお作りし、利用者様をサポートいたします。

NEW

  • ブログを新しくはじめます!

    query_builder 2021/03/24
  • 大人の発達障害!発達支援にはなにがあるの?

    query_builder 2021/11/15
  • ニートの定義と支援機関について

    query_builder 2021/11/01
  • 決定的な違いのあるニートとひきこもり!

    query_builder 2021/10/15
  • 高次機能障害者の就労をサポートする就労支援事業所

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE