Blog&column
ブログ・コラム

うつ病になったら仕事は辞めないとダメ?

query_builder 2021/08/22
コラム
28
近年社会問題になりつつある「うつ病」ですが、一度発症したらもう仕事は続けられないのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか。
今回はうつ病と仕事の関係について解説します。

うつ病になっても仕事は続けられる
結論から申し上げて、うつ病になっても仕事を辞める必要はありません。
軽度のうつ病であれば、通院と投薬を続けながら普通の状態と変わらずに働き続けることも可能です。

■仕事の内容を見直したほうが良い場合もある
うつ病になったからと言って必ずしも仕事内容を見直す必要はありませんが、一定レベル以上の症状が出ている場合は、これまでと同じ働き方が難しくなるケースもあります。
例えば過酷な労働によりほとんど休暇や睡眠が取れない職場環境だった場合は、しっかりと休暇を取れる働き方に変える必要があるでしょう。

■休みは必ず取れる!
適切な休暇を取って治療に専念すれば、うつ病は徐々に回復していきます。
短期間の休暇での回復が難しければ、一度休職してうつ病の治療に専念するのも良いでしょう。
自分の都合で仕事を休むことはできないと考えている方もいるようなのですが、「休むこと」は労働者の権利です。
近年はコンプライアンスが社会全体に浸透していますので、権利の範囲内で休むことは必ずできますよ。

■どうしても仕事を続けるのが難しい場合は?
うつ病の状態によっては、やむを得ず一度退職を余儀なくされることもあるかもしれません。
その場合も、ある程度症状が改善した後で就労支援を受け、社会復帰を目指すことができます。
一般社団法人あさつゆでも支援を行っていますので、ぜひ何でもご相談ください。

▼まとめ
うつ病は症状のレベルに幅があるため、全てのうつ病患者をひとくくりにすることはできません。
ただ、症状が軽ければ治療にかかる時間も少なくて済みます。
心が疲れたと思ったらぜひ早めに病院へ行き、ご自身をいたわってあげてくださいね。

NEW

  • ブログを新しくはじめます!

    query_builder 2021/03/24
  • 決定的な違いのあるニートとひきこもり!

    query_builder 2021/10/15
  • 高次機能障害者の就労をサポートする就労支援事業所

    query_builder 2021/10/01
  • 高次機能障害から仕事に復帰するために

    query_builder 2021/09/22
  • 高次機能障害を回復に導くリハビリテーション

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE