Blog&column
ブログ・コラム

精神障害を持つ方の就職活動は就労支援機関の利用がおすすめ

query_builder 2021/06/08
コラム
18
精神障害があると働くこと自体が困難なので、一般企業への就職のハードルが高くなります。
しかし、精神障害があっても一般企業への就職を目指している方は多いでしょう。

そこで今回は、精神障害を持つ方が就労支援機関を利用するおすすめの理由をご紹介します。

精神障害とは
精神障害は、具体的に下記の症状が挙げられます。

うつ
・双極性障害
・統合失調症
・強迫性障害
・適応障害
・パニック障害

同じ障害であっても、人によって症状は異なります。
就職を目指す場合は、まず細かな症状を把握しておきましょう。

就労支援機関がおすすめな理由
精神障害と言ってもあらゆる症状があります。
症状や体の状態によって仕事の向き不向きがあるので、自身で判断をするのは難しいでしょう。
そのため、専門機関である就労支援機関を利用するのがおすすめです。
就労支援機関は、障害者総合支援法に基づいて就労支援をおこないます。
自身の症状に合った就職先の紹介、面接や履歴書の対策、仕事で必要なスキル指導などのサポートを受けられます。

就労支援機関を利用するための条件
機関によって異なりますが、対象となる条件は下記となります。
・一般企業への就職を目指している方
・18歳?65歳
精神障害などの難病を抱えている方

利用に関しては無料なので、費用をかけずにサポートを受けられます。

▼まとめ
就労支援機関は、これまで精神障害を抱えた方の就職を支援してきたので確かな実績があります。
精神障害を持ち、就職を目指す場合はぜひ利用がおすすめです。
また、当事業所でも精神障害を持つ方への就労支援をおこなっていますので必要な場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログを新しくはじめます!

    query_builder 2021/03/24
  • 高次機能障害から仕事に復帰するために

    query_builder 2021/09/22
  • 高次機能障害を回復に導くリハビリテーション

    query_builder 2021/09/15
  • ひきこもりになってしまう原因とは

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE