Blog&column
ブログ・コラム

就労支援によって得られる給料はいくらなのか?

query_builder 2021/05/21
コラム
14
就労支援で働くことが出来た場合、お給料はいくらもらえるのでしょうか。
今回は、就労支援のお給料について見ていきます。

就労支援の給料は2つのパターン
就労支援制度で仕事に就いた場合、給料は2つのパターンに分かれます。

■最低賃金保障のA型
就労支援制度では、企業と雇用契約を結ぶA型という形式があり、この場合は最低賃金保障の給料が支払われます。
また、企業と契約を結ぶため、毎月一定額の給料になるのが特徴です。

■出来高制のB型
就労支援制度には、企業と雇用契約を結ばないB型もあります。
雇用契約を結ばないため、非雇用型とも呼ばれるタイプです。
B型は短時間だけの就労や、1週間に2~3日といった少ない日数で働くため、自由が利きます。
また、仕事もシール貼りや封入作業といった簡単なものがほとんどですので、基本的に出来高制です。

■B型の人のやる気を引き出す給料体系
毎月決まった給料をもらえるA型と比べると、出来高制のB型の給料は少なくなります。
ただ、B型に該当する人は長い時間は働けないなどの理由から、給料よりも就労し続けることの方が重要です。
そのため、出来高制という給料体系は、逆にB型の人のやる気を引き出します。
先月よりも給料が多かったから、来月はもっと頑張ろうといった具合に、自信につながるからです。

▼まとめ
就労支援のA型とB型を給料の額だけで比べると、A型の方が多くなります。
けれど、安定して就労し続けることが重要なB型の人にとって、やる気を引き出すところが出来高制のメリットです。
当社は就労支援B型をメインに、様々なご相談に乗っています。
分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログを新しくはじめます!

    query_builder 2021/03/24
  • 高次機能障害から仕事に復帰するために

    query_builder 2021/09/22
  • 高次機能障害を回復に導くリハビリテーション

    query_builder 2021/09/15
  • ひきこもりになってしまう原因とは

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE