Blog&column
ブログ・コラム

就労支援施設の種類を紹介

query_builder 2021/04/25
コラム
7
障害を持つ人をサポートするための就労支援施設には、さまざまな種類があります。
ここでは就労支援施設の種類と特徴について紹介していきます。

就労支援施設の種類
就労支援施設には多くの種類があります。

■ハローワーク
公共の職業安定所で、障害者のための専用窓口もあります。
求人数が多いのがメリットです。

■地域障害者センター
都道府県ごとに設置されていて、職業相談に乗ってもらいながら自分に合う仕事を探すことができます。

■障害者就業センター/生活支援センター
障害者の就労や生活に関する問題解決を支援しています。

■障害者職業能力開発校
重度の障害がある人を対象に職業訓練を行っています。

■就労移行支援事業所
一般企業での就労を望む障害者を対象に就職活動のサポートを行っています。

■就労継続支援事業所
一般企業で働くことが難しい人に働く場所を提供するサービスを行っています。

就労支援施設での仕事内容
就労支援施設の中でも、重度の障害を持つ人に対応した就労継続支援事業所では、さまざまな企業から発注を受けて仕事を提供しています。
木工や電子部品の組み立てや贈答用お菓子の箱詰め、シール貼りや箱の組み立てなどの作業をすることで、工賃を受け取ることができます。
自分が仕事をして給料を得ることができるため、大きなやりがいにつながります。

▼まとめ
就労支援施設には、ハローワークや地域障害者センターなど、さまざまな種類があります。
中でも重度の障害がある人のための就労継続支援事業所は、企業から発注を受けて個人個人の体調やスキルに合った仕事をすることができるのが特徴です。

NEW

  • ブログを新しくはじめます!

    query_builder 2021/03/24
  • 高次機能障害から仕事に復帰するために

    query_builder 2021/09/22
  • 高次機能障害を回復に導くリハビリテーション

    query_builder 2021/09/15
  • ひきこもりになってしまう原因とは

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE